私の業績

1.Pro- and Anti-inflammatory Cytokine Gene Expression in Rat Sciatic Nerve Chronic Constriction Injury Model of Neuropathic Pain
Kunihisa Okamoto, David P. Martin, James D. Schmelzer, Yoshiyuki Mitsui, and Phillip A. Low
Department of Neurology, Mayo Clinic, Rochester, Minnesota 55905, USA
Experimental Neurology 169, 386-391 2001

2.The expression of proinflammatory cytokine mRNA in the sciatic-tibial nerve of ischemia-reperfusion injury
Yoshiyuki Mitsui, Kunihisa Okamoto, David P. Martin, James D. Schmelzer, Phillip A. Low
Department of Neurology, Mayo Clinic, Rochester, Minnesota 55905, USA
Brain Research 844 192?195 1999

3.SIADHを呈した食道癌の一例
岡本訓久、戸田泰信、高原伸明、西野雅之、田中智之
Gastroenterological Endoscopy 38巻10号 1996

4.インスリン非依存型糖尿病におけるインスリン治療法の変遷
−当科における過去10年間の検討よりー
岡本訓久、竹内けい子、角田圭子、南方宏明、西理宏、別所寛人、曽和亮一、虎谷佳幸、西村進、松本元作、三家登喜夫、近藤溪、南條輝志男、宮村敬
和歌山医学 第43巻 第1号 1992

5.糖尿病性神経障害に対するアルドース還元酵素阻害剤(epalrestat)と血流改善剤(cilostazol)の効果の比較 −多施設オープン臨床試験の成績ー
佐々木秀行、岡本訓久、貴志豊、山本尚哉、中啓吾、松本元作、三家登喜夫、南條輝志男
Diabetes Frontier Vol9 No1 1998

6.起立性低血圧を呈する糖尿病患者の臨床像
ー性差、危険因子と予後についてー
佐々木秀行、山本尚哉、岡本訓久、小河健一、山崎浩、貴志豊、中啓吾、三家登喜夫、南條輝志男
糖尿病 42(11):917-925, 1999

7.糖尿病性ポリニューロパチィーにおける感覚神経活動電位の臨床的意義
山崎浩、小河健一、岡本訓久、貴志豊、中啓吾、佐々木秀行、南條輝志男
末梢神経 12(1):125-130, 2001

8.A suspected case of proximal diabetic neuropathy predominantly presenting with scapulohumeral muscle weakness and deep aching pain
Ogawa K, Sasaki H, Kishi Y, Yamasaki H, Okamoto K, Yamamoto N, Hanabusa T, Nakao T, Nishi M, Nanjo K
Diabetes Res Clin Pract. 2001 Oct;54(1):57-64

9.難治性褥瘡患者に対するアルギン酸塩繊維創傷被覆剤(カルトスタット)の使用経験
片山彩、佐藤未香、田中里佳、山田由美子、中西友美、島田民子、横田幸子、井上一二三、岡本訓久、石亀昌幸、高橋和、成川守彦STOMA Vol10 No2 200

10.糖尿病マウスの酸化ストレス亢進と米糠抽出抗酸化物質の効果
藤田篶代、松野正平、小河健一、岡本訓久、古田浩人、西理宏、佐々木秀行、筑野卓夫、谷口久次、南條輝志男
Diabetes Frontier Vol.14 No.4 2003

11.KKAyマウスにおける酸化ストレスの亢進と米糠抽出成分の抗酸化作用
金谷由美、中野優子、辻脇里美、筑野卓夫、藤田篤代、松野正平、小河健一、岡本訓久、古田浩人、西 理宏、佐々木秀行、谷口久次、南條輝志男
日本病態栄養学会誌 6(3): 323-328, 2003